本文へジャンプ

レポート

過去のレポートへ

2020-02-17八尾あきんど起業塾・受講生の声

八尾あきんど起業塾 受講生の声

八尾あきんど起業塾2018発展編 受講生
清水 紅美子さん(「おでんと肴 清水」店主)

●開業のきっかけと開業後の状況について    
祖母や母が居酒屋を経営しており、身近に飲食店経営者がいる環境で育ちました。居酒屋で働く祖母や母の姿に憧れ、小さな頃から「いつか自分のお店を!」という漠然な夢は持っていました。大学卒業後はおばんざいダイニングに就職し、経験を積んだ後、自分を育ててくれた八尾に貢献したいと思い、地元八尾で平成31年4月に「おでんと肴 清水」を開業しました。
 「おでんと肴 清水」のウリは、なんといっても「おでん」。大根、たまご等の定番メニューのほか、ネギ爆弾(油揚げにたっぷりのネギを入れたもの)も大人気です。具材ごとに作り分けたこだわりのお出汁は絶品です。季節折々のおばんざいメニューも充実しており、最近では、生サバを使ったお造りにも力を入れています。
 開業当初は、お店を認知してもらうことに苦労しましたが、口コミが広がり、今では常連のお客様も増えてきました。働き盛りの方が会社帰りに1人フラッと立ち寄れるような、アットホームなお店づくりを心掛けています。
八尾生まれ八尾育ちの私は、八尾が大好きです。これからも、そんな八尾の方にずっと愛されるお店を目指し精進していきたいです。
 
●八尾あきんど起業塾を受講して良かったところや実際の店舗経営で役立った点
 漠然と飲食店をしたいと考えてはいましたが、まずは開業に関する知識を得たいと「八尾あきんど起業塾」を受講しました。漠然としていた考えが、事業計画という見える形で鮮明になっていくことが、自分にとってプラスになりました。また、個別面談も充実しており、専門家(中小企業診断士)の第3者からの意見や助言ももらえ、開業する上でとても参考になりました。
 

●八尾市内で開業しようと思っている人へのメッセージ  
開業したい!と思ったら、自分で考えて行動してみることも大事ですが、まずは、創業支援を行う公的機関(市役所や商工会議所等)でどのような創業メニューを展開しているのか確認したうえで、相談するのがおすすめです。
そして、自身に合いそうな創業セミナー等があれば、受講してみる。受講することによって、事業計画を客観的に見直すきっかけにもなりますし、開業に関する知識・ノウハウも身に付きます。
 

写真1
店舗の外観

写真3
メニュー

ページトップへ